個別指導塾のデメリット

集団指導塾よりも月謝が高い

個別指導塾では、集団指導塾とは異なり、先生一人に対して生徒が1人あるいは2人つくところが多いようです。指導を受ける生徒が5人ほどまでなら、個別指導塾と称する塾もあるので、マンツーマンを希望している人は注意してください。先生につく生徒が少なくなってしまうことから、どうしても集団指導塾よりも月謝が高額になってきます。先生を独占できるので、わからないところがあればどんどん質問をすることができますが、果たして高い月謝を払う価値があるのかどうか見極めることが必要となります。まれに、個別指導塾でも安い月謝のところがありますが、塾講師がプロではなく学生アルバイトである場合も多いです。説明会や体験授業等を通して確認してくださいね。

モチベーションの維持が難しい

個別で指導を受ける場合、分からないところで立ち止まって教わることができます。これはもちろん大切なことですが、理解がなかなか進まない場合、他の子よりも授業の進捗が遅れることになります。さらに、本人が他の子よりも遅れていることにまったく気づかない場合も起こりえます。勉強を続ける場合、モチベーションを維持することが大切となりますが、個別指導塾よりも集団指導塾のほうがモチベーションを高めることができます。集団指導塾では、同じ授業を受ける仲間と励ましの声を掛け合ったり、成績を競いあったりすることができるからです。他の子の習熟度を目にして、自分の塾内での位置を認識することもできません。個別指導塾を選ぶ場合は、定期的に模試等を受けて、自分の成績を他の子と比較することが重要ですね。